たらひろのブログ

DQ3リカバリーTA ニコニコ生放送上での想定解実演のお知らせ

あけましておめでとうございます.FF15の戦略が中々公開できずにいてすみません.

――

駒場祭で行われたDQ3リカバリーTAの結果について何も触れていませんでした.お越しいただいた方,本当にありがとうございました.
僕は4人中3位でした.短時間で戦術をまとめる力の足りなさを感じさせられた気がします.

さて,明日14時からニコニコ生放送上で想定解の実演を行います.これは,ニコニコ動画・生放送等でのDQ3の配信が許可されたため可能になったことです.ありがたい限りです.(詳細はこちら:nc131848
僕は第二問と第四問をやることになっています.おろちorネクロゴンドのやつ(両パターンやります)とゾーマを呪文でたおすやつです.ゲーム研究会のページで問題の詳細などが掲載されていますが,そこにある想定解よりもさらに進化したものをお見せするつもりです.
生放送ページはこちらです.ぜひお越しください.


スポンサーサイト
  1. 2017/01/08(日) 21:32:40|
  2. SFCDQ3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DQ3 2014年五月祭でのプレイ

どういったRTAになったのかを,さくっとまとめておきます.
今まで書いていなかった戦略・戦術面についても書いたりしています.
プレイ動画を撮りそびれてしまっていたので,起こった出来事については間違っているものもあるかもしれません.とはいえ,終わった日や次の日に出来事をメモっておいたので,そうそう間違いはないと思います.

◆仲間の性格
純戦はタフガイでした.タフガイじゃなければ作り直し.
盗賊もタフガイでした.盗賊についてはLv1→2の安定度を考え,初期体力5以上を要請しています.てつじん・おおぐらいだったら素早さを考えていのちしらずに変えます.
魔法使いはがんばりやでした.あとでいのちしらずに変えています.Lv1→2を考えて初期体力4以上を要請,タフガイ・てつじん・がんばりやで採用.てつじん・がんばりやで,盗賊にゆうき100ばいを使っていなければ,いのちしらずに変えています.素早さがほしい.

◆ピラミッド抜けまで
いざないの洞窟を抜けた時の薬草消費がかさんでいたので,ロマリアで薬草を買い足します.といっても,他の買い物を邪魔しない範囲でなので,2個程度しか買っていません.
アッサラームエンカ域に入る直前でのエンカ調整を行いましたが,なかなかエンカが出ませんでした.ここでエンカが出なさすぎると,ピラミッド前にイシスに寄る分岐になった時に,朝になってしまう可能性が出てきて面倒です.エンカキャンセルをふんだんに使うと,ここのエンカ調整で6歩くらい無駄歩きをしただけで朝になってしまった気がします(詳しい数字は忘れました).
ピラミッドに入る直前での死人は1人だったので,イシスには寄らないことを決めました.そのまま無事突破.2人以上出てたらイシスに行って蘇生させてからピラミッドに行きます.

◆船入手まで
ポルトガ周辺のドルイドには会いませんでした.エンカ域が変わる少し前でエンカしていたので,調整は無しで突っ込んだのですが,よかったよかった.
ノアニール周辺で「さまようよろい2/アニマルゾンビ2」を倒したのですが,少し時間がかかってしまいました.逃げても若干怖いので難しいですね…….こういう面倒なエンカが出てしまうと,ノアニール寄りは不利になってしまいますね.
その後,「キラービー3/アニマルゾンビ2」に対して先制を取り,即逃げ.ただし結果論ですが,これを倒していればカンダタ1前に魔法使いがLv6になり,ヒャドを使えるようになっていました.うーん,難しい.
カンダタ1撃破で無事魔法使いにギラが入り,さらに魔法使いLv9でスクルトを覚えました.そのままカンダタ2もさくっと撃破.祈りの指輪を魔法使いに持たせているので,若干勝率が上がっています.

◆ガルナの塔
メタルスライムを狩る前に戦士が死んでしまいました.ボストロール戦を考えて,戦士のレベルを少しでも上げておきたいところだったのですが……
しかしガルナ狩り1次は非常に早かったです.勇者も間引いていないので,ガルナ狩り2次での調整がよりしやすくなります.
ガルナ狩り2次の運は普通くらいだったでしょうか.ただしメタルスライム3を倒した戦闘で勇者をうまく死なせて,魔法使いLv21まで経験値180程度という状態でガルナの塔を抜けることができました.
最後の鍵をまだ取っていなかったので,この後取ることになります.賢者のMPが21で,地球のへそでのMPが足りるかどうかという非常に微妙なライン.アリアハンから南下して最後の鍵を取ってもよかったのですが,ムオルで宿に泊まってから北上する方を選びました.

◆バラモスまで
ボストロール戦で初めて賢者にスクルトがないことに気づきます.ここは無理にスカラを入れに行かず,回復を優先していく感じで賢者を動かしました.スクルトがないボストロール戦は初めてだったのですが,死者無しで勝利できました.
ネクロゴンドに向かう道中で踊る宝石を2体狩りました.これにより,ゾーマ城直前で買っていた鉄仮面をやまたのおろち前に買うことができるようになった……のですが,そこまで気が回らず,普通に買わずに進行してしまいました.
バラモス戦.弱かったです.最初のアストロンでメラゾーマ前で止まり,次のターンはメラゾーマのみで止まって眠りました.
次のターンは「純戦が魔封じの杖,魔戦がスクルト,勇者がマホトーン,賢者がベホイミ→勇(メラゾーマが当たっていた)」という風に行動.このターンではマホトーンが入りませんでしたが,次のターンに入りました.
バイキルトやルカニを掛け終わった後,「魔戦以外の3人が打撃,バラモスが起きる」→「激しい炎の前で止まり,4人で眠らせに行って眠った」→「全員で打撃,バラモスが起きる」となった次のターンにアストロンを使い,激しい炎をかわすことを選択しました.
アストロンを使用すると300程度の自然回復が入るため,ここで激しい炎をかわすのは微妙と思われるかもしれませんが,
「魔人の斧を装備している純戦の打撃が外れると,ラリホーを入れずに押し切るのは厳しい」
「ラリホーを入れに行って,外れるとやばい」
「勇者のMPに余裕がある」
などを事情を考慮して,一度アストロンを用いることにしました.

◆アレフガルド
マイラでは眠りの杖を1つ売ってしまうこともあるのですが,お金が多かったので今回は売らずに済みました.
2本残っている場合,片方は賢者に持たせてMP節約を狙っています.もう1本は魔戦.
ゾーマ城,だいまじん前で祈りの指輪が2連続で壊れてしまいます.これで動揺したのとアイテム位置がずれたのとで,だいまじん戦で賢者の杖と間違えて光の玉を使ってしまいました.
キングヒドラ戦.うっかりHP135程度の勇者を放置してしまっていたら,1回目の打撃が勇者に来てひやっとしました.結果打撃2連で死亡,とかにはなりませんでしたが,こういうのは良くないですね.
バラモスブロス戦.魔戦の賢者の杖が活きました.戦士に打撃2連がきた直後にうまく回復できたりとか.
バラモスゾンビ戦は特に何事もなく終わりました.
さて,ゾーマ戦.序盤は凍てつく波動が多く,なかなかダメージが蓄積されないが危ない場面も作らない,といった感じでした.
中盤に入り,攻撃が激しくなってきます.途中賢者が死んでしまったので世界樹の葉で蘇生.
その後,「戦士がHP120程度,勇者にバイキルト,相手にルカニが入っている」という状態が2ターン続いた場面がありました.この時は両方とも勇者が世界樹の葉を戦士に使用しました.1回目は戦士は死なず不発に終わりましたが,2ターン目は戦士が死亡し,その直後に蘇生される,というターンの回り方をしました.
終盤勇者が死亡.しかし相手の残りHPも少なく,さらに吹雪2連が来ず,こちらは補助魔法を入れていない(賢者が回復に回らざるを得ず,かける暇がない)のに波動が多め,という感じで行動がぬるかったので勝つことができました.

感想等は五月祭会誌の方に載せておりますので,是非お越しください><
明日(8/15),東O31bで会誌を頒布しています.僕もいると思います!
  1. 2014/08/14(木) 22:25:36|
  2. SFCDQ3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DQ3 防具の選択

ご無沙汰しております.たらひろです.毎週更新とはなんだったのか.
今回は五月祭でのプレイでの防具の選択・分岐についての記事です.

防具を選択するにあたっては,「オルテガの兜を回収せずにマジカルスカートを購入する」ことを念頭に置いています.オルテガの兜は高い金額で売れるアイテムですが,回収するにはわりと時間がかかります.一方でマジカルスカートはバラモス戦やバラモスブロス戦などを考える上で必要となってくるアイテムだと思っています.この目標を満たすのには苦心しました.

それでは順番に見ていきます.まず,ルイーダの酒場で仲間を作ってから,ロマリアに到着するまでの装備はこのようになっています:
アリアハン~ロマリア

ここは特筆すべきことはないでしょう.ちなみに,レーベでの薬草購入個数は28前後,キメラの翼購入個数は,ロマリアでの買い物も考えて3個となっています.
キメラの翼購入個数は3と4,どちらがいいのかわかりません.4個だとピラミッド周辺での全滅後すぐにアッサラームに行き,素早く蘇生が行えるというメリットがありますが,薬草の消費が激しく,再購入しなければならない場合は価値が低くなってしまいます.

続いて,ロマリアを発ち,アッサラーム,ピラミッドを通ってイシスに着いたときの装備はこのようになっています:
ロマリア~イシス

赤い箇所は前の区間から変更された箇所,緑の箇所はこの区間内で最初に変更されるわけではないが,途中で変更された箇所を示しています.
ロマリアで,皮の帽子を回収して,皮の鎧2つと,青銅の盾を購入し,アッサラームではさらに毛皮のフードを購入しています.ピラミッド前にイシスに行き蘇生をすることも考え,アッサラーム出発時に30G以上残すようにしています.
ここではできるだけ守備力を高められるよう,色々なものを回収して売却し,多めに防具を購入しています.
また,皮の帽子は,場合によってはアッサラームで売却することにしています.
青銅の盾は,若干コストパフォーマンスが悪そうに思えますが,今後それなりに長い期間活かせること(活かすための防具選択をしているという面もありますが),全滅した場合に売却することでまとまった資金の捻出が可能なこと(薬草7~9,キメラの翼2購入,蘇生を3回してなお60G程度残すことができ,もう一度の全滅に対しても厚くなる)などから,購入するようにしています.
ちなみに,青銅の盾を売却した場合としなかった場合で,防具選択に比較的大きな分岐が発生します.聖なる守りを入手する辺りまでこの分岐が波及する程度.


まずは青銅の盾を残せた場合について書いていきます.イシスからアリアハンでの回収をはさみ,ポルトガに到着するまではこのようになっています:
イシス~ポルトガ

イシスで鉄兜2,鉄の鎧を購入し,祈りの指輪を売らずに残しています.所持ゴールド的に,祈りの指輪を売らない場合,ここでは「鉄の鎧,鉄の盾,鉄兜」の中から重複含め3つを購入する,という形になっていますが,戦士の鎧はこの後のノアニールの皮の腰巻きで補填可能,勇者の盾装備は若干遠いですがバハラタで購入する,戦士の盾は青銅の盾でカバー可能.一方,頭装備で有用かつ手に入れやすいものはせいぜい金の冠程度(こちらも分岐によっては回収し装備させたりしますが)ということで,この購入パターンを取っています.

ポルトガを発ち,様々な場所に寄ってカンダタ1を倒してバハラタに着くまではこのようになっています:
ポルトガ~バハラタ

カザーブでは毛皮のフード,ノアニールでは前述した皮の腰巻きを回収しています.ちなみにノアニールでは他に力の種と素早さの種が拾える他,道中の敵から経験値を得て,カンダタ1でのヒャドの使用可能率を高めるという効果も秘めています.
カンダタ1には勇者は盾装備無しで挑むことになりますが,それまでの通常戦闘も含め,あまり問題はない守備力になっていると思います.戦士もカンダタ1での守備力は問題ないと思いますが,まだ鎧が弱いノアニールへの道中で,火力の高い敵(デスフラッター・さまようよろい等)を引くと怖いものがあります.

バハラタを発ってから,カンダタ2を倒し世界を巡ってガルナの塔に行くまではこのようになっています:
バハラタ~ガルナ

ここはまあ普通でしょうか.バハラタでは魔法の盾を3つ購入していますが,前の記事にも書いた通り,いかりのタトゥーは売却せず残しています.
スーでは銀の髪飾りを購入しますが,スーには2回寄る事になっており,所持ゴールドによってどちらで購入するかが分岐します.194<(所持G)<300だったら1回目で購入するとかそういう感じです.ちなみに2回目に寄った時に毒針2つを購入しています.
海賊のアジトではヘビメタリングを回収,ついでに言えばルーズソックスも回収し,毒蛾の粉の購入資金に当てています.運の要素が強いガルナの塔での狩りにこそ,色々な投資をしてタイムを縮めたいと思っており,毒蛾の粉を過剰と思えるほど購入してケチらず使うとしていたのもそのためです.
パーティドレスはエジンベアで回収,2つ目の銀の髪飾りはガルナの塔で回収です.銀の髪飾りは2つ手に入れることになっていますが,先に魔法使いに装備させています.HPが低く,普通に殴り殺されることが多いためです.

盗賊が賢者に転職し,ガルナの塔に再び向かってから,テドンに到着するまでは以下のようになっています:
ガルナ~テドン

ここもまあ普通でしょう.装飾品の位置はこの区間ではあまり固定されていません.勇者が死んだら星降る腕輪を付け替えて,とかはやってますし,魔法使いが戦士に転職した後は,勇者が豪傑の腕輪,賢者が星降る腕輪を装備する他,魔法戦士は性格によってはヘビメタリングを装備していないままにして,とかもやってます.

テドンからエルフの隠れ里で買い物をするまではこのようになっています:
テドン~エルフ

ドラゴンシールドやゾンビキラーが手に入るのはサマンオサに着いてからですね.
マジカルスカートはバラモス戦を見据えて2個購入.そのせいでほとんどの場合サマンオサにて鉄仮面が購入できませんが,イシスで鉄兜を2個購入したおかげで,戦士や勇者の守備力の低下をできるだけ防ぐようにしています.ロマリアでの青銅の盾→イシスでの鉄兜2個→テドンでのマジカルスカート,という流れがあります.
大地の鎧は純戦と魔戦,どちらに装備させるかが悩ましいところです.特に僕はボストロール戦で賢者が初ターンピオリムをかけているので,HPが低いと初ターンの打撃で魔戦が一発で落とされる危険があるため,大地の鎧は魔戦に付けたいところではあります.ですが,鉄仮面が無い影響で戦士の守備力も低くなってしまっているため,ここでは大地の鎧を戦士に装備させています.この戦術ではボストロールでの初手ピオリムは噛み合いが悪いので,普通にスクルトでいいのかも.まあスクルトでも死ぬ時は死にますが.
鉄仮面の無い影響が一番出るのは,このボストロール戦か,バラモス戦でしょうか.ただし,どちらもそこまで大きな影響は出ないと考えていたため,ここでの鉄仮面購入は諦めました.ただ,マジカルスカートも1個しかなくても,バラモス戦でそこまで大きな影響は出ないと思われるので,ガルナの塔次第では「鉄仮面1個+マジカルスカート1個」という形もアリかな,と思っています.
マジカルスカート0個は怖いものがあります.これが1個あるだけでも,バラモス戦でイオナズン+打撃を魔戦(あるいは賢者)が耐えるか,ネクロゴンド道中でフロストギズモやミニデーモンの呪文を魔戦が耐えるか,バラモスブロス戦で魔戦が安全に動けるか,等,様々な箇所で効いてきそうです.

エルフの隠れ里で買い物をしてから,バラモス城に着くまではこのようになっています:
エルフ~バラモス

エルフの隠れ里では眠りの杖2個と祈りの指輪2個を購入しています.後のことを考えると,ここまでで祈りの指輪は計3個欲しいと思っています.通常はここで祈りの指輪が1個残っているので問題ありませんが,カンダタ2やガルナの塔で祈りの指輪を壊してしまった場合は,予めオルテガの兜を取っておくことで購入個数を増やしています.祈りの指輪の購入個数を1個増やすだけならば,アサシンダガーの代わりにオルテガの兜,という形で良いはず.
ちなみにここで賢者に眠りの杖を装備させていますが,これでトロルやフロストギズモ辺りを殴って倒せたりするので,僕は装備させるのが好きです.
ネクロゴンドの洞窟で稲妻の剣と刃の鎧を回収しますが,刃の鎧を取る前までは戦士は皮の腰巻きで我慢します.あまり問題はないはず.
やまたのおろち戦ではマヌーサを使わずスクルトを2回かけてから戦っているため,戦士の鉄仮面が無いことによる守備力減少は気になりません.火炎のダメージが打撃のダメージを上回るためです.ちなみに,マヌーサをかけないのは,戦士の守備力が低いという理由からではありません.マヌーサが入らずに手間取っている間に相手の攻撃が激しくなり,賢者が回復に回らざるを得なくなってジリ貧になる,そうでなくてもルカニが遅れてしまうという理由もありますし,前述したようにスクルトを2回かけておけば火炎のダメージより打撃で受けるダメージが低くなるため,回復ラインの見極めが楽になり,最後尾2連打撃貫通のような,「事故」として処理されてしまいがちなケースも防ぐことができます.マヌーサを入れつつスクルトを入れるというのはまたマヌーサの価値が下がり微妙な感じがするので,「スクルト有,マヌーサ無」という形にしています.

バラモス戦の前後での装備はこのようになっています:
バラモス

マジカルスカートを装備していると,メダパニ後にイオナズンが来ても動きやすくなるのが大きいです.
また,不幸の兜の装備タイミングですが,「うんのよさ」がメダパニの被弾率に関わっていることを考えると,その増減が小さいとは言っても初ターンに装備させるべきではないでしょう.ただ,打撃の被ダメージをわざわざ増やしてまで不幸の兜装備を待つのはやりすぎだと思います.
僕は初ターンにアストロンを使った後,打撃前ならば不幸の兜装備,それ以外なら装備せず,スクルトをかけるタイミングで(僕は1回目のスクルトが魔封じ・マホトーンと同タイミングになることが多いです)不幸の兜を装備,という形にしています.

ということで,まだアレフガルドが残ってはいますが,今回の防具選択についての記事はこの辺りにしておきたいと思います.アレフガルドは防具の位置だけでなく,非装備アイテムの位置にも注目したいところで,それはこの記事とは少しズレてしまう気がするので,また改めて書きたいと思います.
青銅の盾を売ってしまった場合の分岐についてもまた今度.こちらはあまり長くはならないはず.
  1. 2014/07/11(金) 01:08:39|
  2. SFCDQ3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DQ3 いかりのタトゥー

こんにちは.毎週更新を目指して頑張ります.
そういえば書きそびれていたのですが,僕がDQ3RTAについて書く時は,いわゆる「勇戦盗魔」チャートを想定しています.

さて,今日は「いかりのタトゥー」について思う所を書いていこうといます.まずはそのスペックから.

いかりのタトゥー 装飾品 825Gで売れる
ポルトガの宝箱から入手
攻撃力+8 装備すると性格が「らんぼうもの」に変化
なお,「らんぼうもの」は
ちから120%
すばやさ90%
たいりょく90%
かしこさ59%
うんのよさ70%
の補正がかかるとされている.

僕は五月祭ではこのアイテムの売却をスーまで引っ張り,以下の2箇所で使いました.
・カンダタ2の前の子分戦
・カンダタ2戦の序盤(子分を倒し,魔法使いがスカラやスクルトをかけ始めるまで)
共に,星降る腕輪を盗賊に持たせており,先行での回復を行いたい場合は装飾品を星降る腕輪に付け替えています.
ちなみに,通常(カンダタ1や2で誰も死亡していないとき)この2つの戦闘で盗賊がレベルアップすることはありません.すなわち,「らんぼうもの」という,RTA的にはあまり好ましくない性格でのレベルアップを防ぐことができています.

カンダタ2の前の子分戦では,早い段階でカンダタ子分を倒すことができないと危険であるという印象があります.いかりのタトゥーは子分の撃破速度を上げ,速度だけでなく安定面の向上も狙うことができると思います.
ただ,星降る腕輪装備時と比較し,いかりのタトゥー装備時は盗賊の守備力が下がる他,必要に応じて付け替えも行わなければならないため,実際のところ有効なのかはかなり微妙.

カンダタ2戦の序盤でも同様の理由で装備しています.ただし,星降る腕輪に付け替えると守備力上昇も消えてしまうので,スカラやスクルトをかけ始める前に,星降る腕輪に換装しています.
ただし,いかりのタトゥーのままスカラ,スクルトをかけてそのまま殴るのも良いかもしれません.魔法使いが十分に薬草を持っていれば,固め終わった後は後行薬草で回復が間に合いますし,「らんぼうもの」のままレベルアップしてしまうという問題は,HPを計算し,撃破直前に装備を換装すれば問題ありません.しかし,この場合は固めている途中の盗賊の先行回復に支障が出るので,その辺がどうにかなるか,という問題もあります.

他の箇所で使えるとすれば,カンダタ1や道中の通常戦闘でしょうか.ただし,性格が「らんぼうもの」になるというのがネックです.
カンダタ1戦ではグループごとに敵が1体ずつしかいない,盗賊の守備力があまり高くない,という事情があるので,戦士に装備させたいところですが,「らんぼうもの」のままレベルアップしてしまうのは痛い.多くの場合,戦士はカンダタ1戦の経験値で2レベルほどレベルが上がると思いますが,この場合の「タフガイ」と「らんぼうもの」とのHPの伸びの期待値の差はおよそ4です.個人的にこのHP4の違いはかなり大きいのではないかと思っています.
道中の通常戦闘で装備させるとしたら,ここも戦士に装備させるのが効果的だと思うのですが,カンダタ1前までは頻繁にレベルアップをするため,そのままつけていたらHPがもったいないし,いちいちレベルアップ直前で外していたら時間がもったいないし,という感じでこれもまたイマイチだと思います.カンダタ1後,戦士がレベル9になってからいかりのタトゥーを装備させ,カンダタ2の前の子分戦終了後,外すなり,他の人に渡すなりする,というのはあるかもしれません.
やはり戦士に対して,性格を変更しない(あるいはそれなりに強い性格に変更する)装飾品を割り当てることがこの段階では難しい,というところが,いかりのタトゥーの可能性を狭めている気がします.金のネックレスを購入してうんぬん,とかさすがに怪しいし.

ところで,ここでいかりのタトゥーを残せるだけの資金の余裕があるのは,イシスでの防具の購入を「鉄の鎧,鉄兜,鉄兜」に限定しているためです.戦士にはロマリアで購入した青銅の盾がある他,ノアニールで皮の腰巻きを回収することで,十分な防御力は確保できていると考えています.
この辺の防具の選択(や分岐)や,祈りの指輪残しのメリットも書きたいですが,それはまた今度.
  1. 2014/06/04(水) 23:05:54|
  2. SFCDQ3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DQ3 祭壇三連戦について

こんにちは.五月祭のDQ3RTAでやったネタを小出しにして更新回数を稼ぐ作戦.

さて,今回はゾーマ前の祭壇での3連戦について.


まず3連戦通しての話.
経験値を計算しておくことが前提になりますが,ゾーマ戦でのHPがある程度確定した段階で,命の木の実は使うことが出来るはずです.
さらに,勇者はレベルアップしそうな戦闘の最後のターンで豪傑の腕輪を聖なる守りに換装することで,HP上昇も狙えます.といってもスクルトが解除されてしまうので,これができるのは実質バラモスブロス戦だけでしょうか.
キングヒドラではHPが低かった場合は付け替えると打撃2連で死ぬ可能性が出てきます.賢者がスカラを使用しても良いのですが,「最終だったはずのターンにキングヒドラが賢者に先行して打撃2連で勇者が死亡する」等の死に筋が残ってしまい,これとHPの伸びの換装による上昇で高まる安定度と比較するとどっこいどっこいな気がするので,換装するだけ時間の無駄かもしれません.勇者のHPが心配ないほど高かったらHPの伸びの上昇の価値が低いですし.勇者が防御して他の打撃で倒す,というのはあるかも.
バラモスゾンビも「最終だったはずのターンにバラモスゾンビが味方に先行し勇者に打撃が入り死亡する」という死に筋を生み出してしまいます.ただし,特に「味方誰かの打撃一発で倒せる」という場合ならば,死ぬことはほとんどないので,HPの伸びの上昇のメリットの方が大きく上回りそうです.ここも勇者防御してもよさそう.

さて,それでは個別のボスについて考えをぽつぽつ書いていこうと思います.まずはキングヒドラから.

賢者の石を賢者に持たせる戦術は,僕は好きではありません.
まず,賢者の石を賢者に持たせた場合,賢者は初ターンルカニを打つことになるでしょう.この場合,1ターン目のキングヒドラの攻撃はスクルト無しで受けることになります.
キングヒドラの打撃はなんだかんだ強いので,HP次第ではありますが,2連続で食らうと賢者や勇者が落ちる可能性があります.一発勝負という状況下で行なうにはかなり怖い戦術だと思います.
さらに,賢者の石が賢者にある状態だと,スクルトを使おうとすると魔法戦士が使うことになり,バイキルトを入れるのが遅れてしまいます.最後までスクルト無しで行けばバイキルトは遅延なく入りますが,それはやはり怖いです.

次にバラモスブロス.装備は以下の通りです.
バラモスゾンビ装備p


バラモスブロス戦の回復は,賢者の杖を魔法戦士に持たせることで,「魔法戦士の後攻賢者の杖」「戦士の後攻賢者の石」「賢者の先行ベホイミ」の3パターンが利用可能になります.
また,この戦闘中に魔法戦士の装飾品は「ヘビメタリング→モヒカンのケ」と推移します.最終ターンはまたヘビメタリングになったりするんですが.
初ターンは魔法戦士はバイキルトを勇者にかけるわけですが,この際には勇者への先行を期待したいのでヘビメタリングを装備しています.
2ターン目以降は,賢者の杖を後攻で使いたいため,モヒカンのケを装備させてヘビメタリングの素早さ上昇を消しています.
この後攻賢者の杖の威力は高いです.五月祭でも,バラモスブロスが2連続で打撃を戦士にしてきました(更に全体攻撃があったかも)が,直後に賢者の杖が入り,危険な場面を作らずに済みました.
魔法戦士のHPが低かった場合は賢者の杖が打てないわけですが,僕の戦略ではマジカルスカートを購入しバラモスブロス戦で魔法戦士に装備させているので,イオナズンが軽減されかなり動きやすくなります.
このマジカルスカートも撃破直前で刃の鎧に付け替えていたりしましたが,どうなんだろう.状況次第かな.

バラモスゾンビ戦はまあ普通でしょうか.
戦士は賢者の石を持っていますが,状況次第では打撃をすることもあります.
スクルトは5枚もしくは6枚入れています.6枚入れていると,戦士が賢者の石を使わず殴っても安全だという場面がかなり増える印象です.
あまり戦士の先行を信用していないので,賢者が回復に回る場面もそれなりにあります.

少しまとまりがない記事になってしまいましたが,とりあえず3連戦については,五月祭ではこのようなことを考えてやっていました.
何かの参考になれば幸いです.
  1. 2014/05/28(水) 20:44:01|
  2. SFCDQ3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ